輝くフローリングに

フローリングをピカピカに保つには

フローリングの醍醐味といえば、ピッカピカに磨き上げられたものでしょうか。
こうした見た目も保つには、やはりワックスがけをすることが大事です。
そんなに頻度は高くなくて構いません。半年から1年に1回くらいでもいいでしょう。
ワックスによって、フローリングは保護されピカピカの状態が保たれます。
ワックスがけのコツは、ワックスを直に床にまかないことです。ムラになってうまくいきません。

掃除の負担を減らし効率よくフローリングの状態を保つには、普段から汚さないことが大事でしょう。
油に関しては、キッチンのそばでしたらはねそうなところにマットを敷くなどして対策をしておきます。素足で歩くことに慣れていたら仕方ないですが、できうるならスリッパを使用することも検討します。


フローリング掃除の道具

効率の良い掃除には便利な道具を使用することも大切なことです。

最初のホコリとりにはドライタイプのシートが取り付けられるフローリング用のモップが必須ですね。また水拭きに関しても、ウェットタイプのシートを使用すると楽です。雑巾の場合は奥から手前へ、コの字を書くように拭いていくのがコツです。
こうしたシートタイプだけでなく、昔ながらのモップもありますしマイクロファイバーのものも出回っていますね。

他には中性洗剤ですがこれは床専用のもありますが、台所用でも構わないでしょう。
アルコールも汚れによって使う機会がありますね。
どちらも薄めて使います。
そのまま使うとワックスを溶かしたり、床を傷めたりします。

重曹は避けた方が良いのですが、薄めて使ったのち酸性のクエン酸で中和して使用することは可能です。

基本の道具は以上ですが、番外としてフローリングにはお掃除ロボットも活躍します。
ホコリとりにはお任せしたいものですね。