フローリングのお掃除のススメ

いざフローリングを掃除しようにもどこから手を付けたらいいのかわからないですね。 とりあえず拭いとくか、でも構わないのですが色んな汚れを見つけてしまうと戸惑ってしまいます。 フローリング特有の汚れを把握して効果的な掃除方法や対処方法を考えておきましょう。

フローリングの汚れあれこれ

和風建築では畳がメインでしたが、今や和風でもなんでも、ほとんどの住宅にフローリングの床があります。賃貸ですとフローリングはすでに定番となっていますね。
見た目も綺麗ですし、木のぬくもりも心地よく、何よりも手入れが簡単だ、という理由で普及したものです。
畳やじゅうたんよりもよっぽど簡単で扱いやすい床として人気のフローリングですが、当然ながらほっとけば汚れます。
素足で歩いたり寝っ転がったりすることも多く、常に汚れている状態ではあります。
食べこぼしのカス、髪の毛、ほこり、べたべたする…こういった経験をした方も多いことでしょう。
目に見えて汚れが目立つ場合じゃなくてもだいぶん汚かったり不衛生だったりします。
床の汚れからアレルギーになったり喘息になったりすることもあるので、掃除だけはきちんとしておきたいものです。

とはいえ、毎日毎日完璧なる掃除をするのは大変ですし、長くはもちません。
毎日使い、人が集まるリビングなどのフローリングは汚れが常につくので気にはなるでしょうが、上手いこと効率的に掃除できないか知りたいですね。

このサイトでは、フローリングのお掃除を効率的に行う方法を掲載しています。
毎日手入れができればいいのですが、普段の掃除は簡単にできるものを紹介しています。
基本の手入れの流れを知り、そこからピッカピカにするためにはどうしたらいいのかを把握していきましょう。

自分の家は綺麗に輝くような床にしておきたいものですね。

汚れ別撃退方法

フローリングの汚れによって対処法が違うのはわかりますが、具体的にどうしたらいいのかを知りたいですね。 どうしてもキッチンに近いと床がべたべたしますし、換気がうまくいってないとカビのような汚れが目立ってきます。 やっつけたい汚れたちは一掃しておきたいものです。

輝くフローリングに

新しいときはピカピカだったフローリングもほっといて時間がたつと汚れるわくすむわであまりすっきりしない状態になってしまいます。 掃除するからにはピカピカの輝くようなフローリングにしておきたいものです。 効率のいい道具を使って、なるべく長く、綺麗で輝く床を保持しましょう。